予防接種・・・

昨日は、季節性インフルエンザワクチンの予防接種を受けてきました。
今年は、過去5年間で最大量(最大約6,300万人分)のワクチンが供給できる予定とのことです。厚生労働省からは、より必要とされている方に 確実に届くようにとお願いしています。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html

高齢者の方を皮切りに基礎疾患を有する方、医療従事者などに対しても先月より接種が開始しています。
ただ、すでに接種するワクチンの在庫がなくなってしまった医療機関もでてきました。

インフルエンザのワクチンは、毎年、流行するウイルスの型を想定して不活性化したウイルスでワクチンを製造しています。今年は南半球での状況などからも流行はしないと見られていますが、A新型、A香港型、B型株などの混合タイプのワクチンです。予防接種をしても型が違うなどの理由でインフルエンザに罹ることもありますが、重症化を防ぐ為にも予防接種は推奨されています。

新型コロナウイルスの感染が懸念されているので、例年以上にインフルエンザの予防接種を希望する方々が多いようです。確かに、発熱したり発症すると、症状だけからはインフルエンザなのか、従来のコロナウイルスによる風邪なのか、新型コロナウイルによるものかはわかりませんので、インフルエンザによる発症のリスクを減らしておいた方がよいでしょう。

お客様との会話でインフルエンザの予防接種を受けたら新型コロナは防げるということを信じている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。エビデンス(科学的な根拠)がないことをテレビやSNSなどで垂れ流されています。

一方、新型コロナウイルスのワクチンは、海外の大手製薬会社が開発を急いでいます。今までは、従来型のコロナウイルスのワクチン開発は困難だと言われていました。しかし、新型コロナに対しては、不活性化ウイルスによるものの他にも今まで世の中に出回ったことがないm-RNAなどを利用した遺伝子情報によるワクチンなどの開発が行われています。いろいろな情報が錯綜していますが、現段階では安全性が大いに心配です。有効性が高いという報道もありますが、まだデータが出揃っていない中で政治的に利用されているようにも感じます。
現段階では、厚生労働省の解説があります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00179.html

11月にはいり新型コロナウイルスの感染者はまた増えていると報道されています。PCR検査等で陽性だったとしても実際に症状が出る方は少ないようです。発症リスク、重症化リスクをきちんと理解した上で感染に対する予防策を講じて行動する必要があると思っています。情報に惑わされてはいけません!

ご関心がある方、ご相談やご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

鶴見事故

57年前の今日、11月9日は大惨事の鉄道事故「鶴見事故」が起こりました。
(事故から50年目の神奈川新聞の記事より、https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-119887.html )
事故を覚えている方もだんだん少なくなってきました。
私を産んだ実の母は、私が1歳の時に事故に巻き込まれました。享年29歳でした。

私は、23歳の時に初めて事実を知りました。
家族から離れて暮らしていた私は、薬剤師の国家試験の出願に際して戸籍謄本を父が送ってくれた時に。
なかなか受け入れ難い事実でした。

母は同窓会に出席した帰り。1歳の私を連れて行く予定でした。
ちょっと風邪気味だった私。連れていくことを父が断固許さなかったようです…
父は2年前に亡くなりましたが、ほとんど事故の話しはしませんでした。
悲しい過去よりも、未来へ向かえと言うことだったと思います。

私自身、初めて事実を知ってから最近までは、ごく親しい人にしか話したことはありませんでした。
でも、こんな事故があったことを忘れてもらいたくないと思うようになりました。
当店の場所、鶴見区に出店することを決めたのは偶然にもちょうど一年前の11月9日でした。
「鶴見事故」で無念にも若くして命を落とした母は、私を見守り続けて、この鶴見のご縁を導いたものと感じております。

今朝、当店の営業前に總持寺境内の「鶴見事故」慰霊碑に行ってまいりました。JRの方々が慰霊式をしていただき、私も献花と焼香をいたしました。


過去の事故は悲しい出来事ですが、私自身は生かされた命に感謝して、多くのご縁を大切にしてまいります。
出会いに感謝申し上げます。

酒は百薬の長!?

月日の経つのは早いですね。気がつけば11月、今年もあと8週間です。
先週はファスティング(酵素断食)をしていましたが、復食期間を経て普通に食べて、お酒を呑んでます。
もともとお酒は大好きですが、ファスティングをすると少しの量でも満足するようになります。

「酒は百薬の長」とは、よく聞く言葉ですが、続きがあります。「されど、万病のもと…」と。この言葉も古くから言い伝えられてきました。
臨床研究では、全くアルコールを飲まない人に比べると少し飲む、「適度」に飲む方が虚血性疾患のリスク(心筋梗塞や脳血管障害の発症)が低くなることがわかっています。しかし、更に飲む量が多いと急激にリスクが高まります。この推移がアルファベットの「J」のようなので「Jカーブ」と言われています。

では、「適度」はどの程度でしょうか?
よく日本酒ならば一合程度と言われていますが、平均するとそれぐらいでしょうが、人によって違います。

近年、イギリスの医学論文には少量でもアルコールを飲むと死亡リスクが高まるという結果が発表されました。
アルコールは人種差がありますし、人種差だけではなく、同じ日本人でも人によって強さが違うのはよく知られています。
つまり、個人差が大きいアルコールは、人によっては危険な量でも、別の人だと全然平気になります。
ただ、多くの量を平気に飲めたとしても、内臓などへのダメージが多くなるし、習慣性になって酒に溺れてしまうこともあります。

お酒は、楽しく飲むのが一番です!
憂さ晴らしではなく、軽く飲んで明日への活力にする飲み方がよいですね!

久しぶりにご近所の「結びや」さんへ、燗酒を。

ご関心がある方、ご相談やご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

風邪は万病のもと!

今日は、ファスティング(酵素断食)の3日目です。
久しぶりのブログ更新になりますが、その間に決算報告など諸々やることがあり、なんとか終わらせました。この3日間はファスティングを行いながら、より集中して仕事をこなすことができました。

さて、秋も深まってまいりました。
今の時季は朝晩の寒暖差に加え、日々の寒暖差も大きくなります。体調を崩して風邪をひく方が多くなります。
今回のテーマは『風邪は万病のもと!』です。

『万病のもと』シリーズは、9月に『寝不足』、『食べ過ぎ』をとりあげました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/09/04/%e5%af%9d%e4%b8%8d%e8%b6%b3%e3%81%af%e4%b8%87%e7%97%85%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8%ef%bc%81/

https://reiwado-ookinawa.com/2020/09/15/%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e3%81%af%e4%b8%87%e7%97%85%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8%ef%bc%81/

風邪は、空気の流れである『風』によって悪い気『邪気』を身体に引き込むので、『風邪を引く』と表現すると言われています。
多くは、空気中に漂うウイルスなどによって、鼻水やのどの痛み、咳、そして、頭痛や発熱などの症状を引き起こします。
今年、問題になった新型コロナウイルスですが、従来のコロナウイルスは風邪を引き起こす代表的なウイルスです。
このウイルスなどによって、いろいろな症状が起きるので、いわゆる『かぜ症候群』と呼ばれていて、一つの病気ではありません。
風邪にかかって早く治さないと、免疫力が低下している状態で更に毒性が強い細菌などに感染しやすくなります。

『医心方』という平安時代に書かれた医学書には『風者百病之長也』の一文があります。現代風に言うと『風邪は百病の長』となりますが、
『かぜは万病のもと』と同じ意味です。
風邪は初期のうちに治さないと、なかなか治らず、風邪をこじらすと気管支炎や肺炎になったり、いろいろな症状を引き起こすことがあります。
更には、危険な状態になることも古くから知られています。

漢方では、病気にかかった場合の推移を太陽病、少陽病、陽明病、太陰病、少陰病、厥陰病といった『三陰三陽』の六段階で区別しています。
風邪の初期症状、太陽病の治療としては葛根湯が有名ですが、風邪の初期にはすべて葛根湯がいいわけではありません。
寒気がして、熱が出始めるのが太陽病の状態です。「風邪かな?」って思ったら、身体を温めて早く寝ることを心がける必要があります。
漢方薬の力を借りて自然治癒力を高めることも効果的です。
どんな漢方薬がよいかは、その時の症状や体質などによって異なりますので、ご相談ください。

もちろん、風邪にかからないようにすることが大事です。規則正しい食事や睡眠、適度な運動を心がけ、ストレスをできるだけ避けて、
免疫力を落とさないようにすることが予防になります。
それでも、風邪にかかったら、とにかく早く治すようにしましょう!
風邪については、また書きたいと思います。

当店では、お一人お一人の症状や体質などに応じて漢方薬を中心にご提案しております。
ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

牡蠣肉エキス

昨日(10/15)発行のタウンニュースで当店の記事が掲載されました。今回は『牡蠣(かき)肉エキス』についてです。

『タウンニュース 鶴見版』10月15日号
同10月15日号の当店の記事

当店は漢方薬に力を入れていますが、漢方薬は天然由来の植物などが原料です。
そして、栄養補助食品も取り扱っていますが、栄養補助食品も天然由来のものにこだわっています。
特に、牡蠣肉エキスは、海に生息する牡蠣に含まれている栄養素が凝縮されているという話しを
タウンニュースに記載しております。ご関心がある方は是非、紙面、あるいは、WEB版をご覧ください。  https://www.townnews.co.jp/0116/2020/10/15/547306.html

こらからの季節、牡蠣が美味しいですよねぇ。
この料理で食べる牡蠣よりも栄養素をギュッと凝縮させる製法でエキスを抽出し、粒状にして商品にしています。
この牡蠣肉エキスの商品は、生活習慣病の予防、免疫力の維持、若さや活力を得たい方にお薦めしています。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく含んでいて、普段の食事から摂りづらい微量のミネラル
(亜鉛、銅、マグネシウムなど)が含んでいるのが大事なんです。様々な栄養素が総合力でチームとして働き、
若さと健康を保つことができます。

当店で取り扱っている『牡蠣肉エキス』商品

牡蠣が苦手な方、アレルギーになる方が稀にいらっしゃいますが、そういう方には薦められません。
牡蠣フライとか焼牡蠣などの料理が好きな方でも、イカやタコを生で食べられない方は牡蠣肉エキスを
摂ると稀に皮膚が痒くなる方もいらっしゃいますので、確認させていただいております。

ご関心がある方、ご相談やご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

次世代へ向けての情報収集

月曜、火曜は臨時休業をいただいて京都への出張。医薬品の臨床試験の仕事をしてきました。
今日、水曜は定休日ですが、幕張メッセでの医療と介護の総合展示会へ行き、『次世代薬局』の展示を中心に情報収集をしてきました。

他の業界でも同じかと思いますが、業務の効率化、そして、付加価値を提供するためには ITの活用は不可欠で、新たなシステムを開発して、海外の流通最大手と対峙しようとする方々の動きには刺激を受けました。

一方で、規制緩和の動きに追いつけない硬直化した思考を持つ方々も多い業界の中で、いかに柔軟に対応して新たな展開を創造するかも考えさせられました。更には、興味深い商品の課題も含めて動向についての情報収集もしてきました。

皆さま方の健康を守り、不安や心配を解消していくためにも、新たなチャレンジをしていきます!

明日(10/15)より、通常通り営業いたします。
ご相談、ご質問などがある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

こだわりのマスク

10月、気持ちの良い季節になってきたと思ったら、急に肌寒くなりました。体調管理が難しい時季ですが、くれぐれもご留意ください。

さて、マスクを着けるがすっかり定着しましたが、本当はマスクを外したいですよね~
マスクの話題は何度もしてきました。8月には『マスク、もうイヤ!?』と題して書きました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/08/27/%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e3%80%81%e3%82%82%e3%81%86%e3%82%a4%e3%83%a4%ef%bc%81%ef%bc%9f/

今回は『こだわりのマスク』です。当店では、こだわりの商品がいろいろあります。こだわりの商品については、シャンプーなどのことを6月にブログで書きました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/06/14/%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%95%86%e5%93%81%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89%ef%bd%9e%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bc%ef%bd%9e-2/

当店では、知り合いを介してマスクを取り扱ってきました。巷にマスクがない時も取り寄せることができました。今ではマスクは簡単に手に入るようになりましたが、マスクが常に手放せなくなってしまい、ちょっとこだわったマスクも良いとは思いませんか?

この夏、着物の総合加工の老舗『安藤孝染工場』さんと、たまたま知人が発信したSNSを介して知り会うことになり、こだわりのマスクを取り扱うようになりました。
https://senso-inc.co.jp/index.html
何故に着物の工場が・・・。素朴な疑問を聞いてみました。マスクが世の中から消えた頃に、職人たちが近隣の人たち向けに着物素材のシルクマスクを手作りで開始したところ評判になり、本格的に工場で生産することにしたそうです。こだわりの逸品です。

呼吸がしやすく何度でも洗える3層構造の特製布マスク。使う人の気持ちを考えて作ってあります。
外側は撥水加工中間層には抗菌・抗ウイルスフィルター一番内側の肌にあたる部分は低刺激性のコットンを使ってあります。乾燥する冬場には口のまわりの乾燥を防ぎ、保温・保湿性も優れています。

また、『高機能マスク』もあります。こちらは、外側、中間層は変わらず、一番内側には湿気をコントロールしてムレやベタつきを抑えて肌への刺激も少ない優しい着け心地です。『高機能マスク』は、普通サイズと、やや小さめのジュニアサイズがあります。

更に、シルク素材のマスクも。お肌に優しく、希望のイメージに沿うようにご希望をお受けしてからつくる着物生地の自分だけのマスクです。

現在、オンラインストアでネットからもご購入できるよう急ぎ準備をしております。準備が整いましたら、ホームページ上でご案内いたします。
ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

散歩

もう9月も終わりです。
ついこの前までは猛暑でしたが、すっかり秋ですね~
寒暖差が激しく体調を崩しやすい時季です。体調管理にはお気をつけください。

今日、水曜日は定休日。やることは多々ありましたが、あまりにも天気が良いので散歩しました!
鶴見の山の手エリアを歩き、總持寺を抜けて一周約1時間のわずかな時間でした。

總持寺は曹洞宗の大本山、石川県能登より明治時代後期に鶴見の広大な丘陵地に移ってきたとのことです。墓地には多くの著名人が眠り、京浜工業地帯を築いた浅野総一郎氏、そして、石原裕次郎氏の墓碑もあります。
個人的にも總持寺には縁がありますが、それはまたの機会に。

曹洞宗大本山 總持寺

JR鶴見駅の西口には当店も属している豊岡商店街がありますが、西口の南側には鶴見大学と總持寺があります。總持寺~豊岡商店街の西側には山が迫り、すぐに急な坂になります。

当店のお客様は坂を歩いて来る方々が多いのですが、足腰は丈夫になるなぁと思いながら散歩しました。
ただ、急な階段もあり、子供たちは元気に駆け降りますが、整備した方が良い場所もあると感じつつ…

曼珠沙華の花が健気に咲き、そこに揚羽蝶が舞う姿を見つつ、いろいろな想いとともに癒された気分の散歩でした。

總持寺境内の曼殊沙華

ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

だからよ~鶴見!

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、だいぶ涼しくなってきました。
さて、前回のブログでは『タウンニュース』鶴見版に当店の広告記事が掲載されたことを書きましたが、同紙にも掲載された映画『だからよ~鶴見』を見てきました!

この映画は、当店としても応援させていただいております。出演はしていませんが・・・(笑)。

『だからよ~鶴見』のポスター
当店に貼りました
はいさいフェスタで『だからよ~鶴見』
初上映!

舞台は鶴見区の仲通商店街。リトル沖縄とも呼ばれる地域で、沖縄出身の二世、三世、四世の他、ブラジルなどの南米出身の方々も多い町です。
そこで開催される沖縄角力(すもう)の大会へ向けて。鶴見の人たちの熱い姿、そして、恋と夢・・・。楽しく、元気になる物語です。

「ガレッジセール」の川田広樹さんが主演で、沖縄出身の女性ユニット「いーどぅし」のかーなーさん、なみなみさん、「ディアマンテス」のアルベルト城間さんら多彩な方々が出演されています。

ちなみに、「だからよ~」は沖縄ではよく使う言葉ですが、状況によって意味が多少変わってきます。
「そうだよ」に近いですが、相槌というか、「そうだよ(だから、この話は終わり)」っていう感じでしょうか…

「だからよ~鶴見」、とにかく鶴見ですよ!
鶴見は最強です!!

ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

『タウンニュース』第2弾

先月、地域の情報紙『タウンニュース』に当店の広告記事が掲載されたことを書きました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/08/21/%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e6%83%85%e5%a0%b1%e7%b4%99%e3%80%8e%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%8f/

あれから4週間、一昨日(9月17日号)発刊の『タウンニュース』鶴見版に当店の広告記事・第2弾を掲載していただきました。
『タウンニュース』には、地元、鶴見の隅々までの情報が載っています。
毎年恒例のウチナー祭、今年は11月にオンラインで開催することになりました。
私も応援している映画、『だからよ~鶴見』がようやく22日に上映にこぎつけました。
この連休(19日~)に鶴見線でスタンプラリーを開催します。
などなど・・・。
地元のことを知るのって楽しいですね!

『タウンニュース』鶴見版
9月17日号

そして、当店の2回目の記事は、どんな商品を扱っているかが書いてあります。
一般用医薬品(大衆薬)の中でも特に、漢方薬に力を入れています。今までのご相談の中から症状を列記したら…、いろいろな方々のご相談にお応えできます。
漢方薬のご提案のみならず生活習慣や食事をどのようにするかをご一緒に考えます。といったことが書いてあります。
栄養補助食品の取扱いやファスティング(酵素断食)の指導も行っているということも書いてあります。

タウンニュース』鶴見版、9月17日号当店の記事(第2弾)

今の時代、紙だけでなく、オンライン版もあります。ご一読して戴ければ幸いです。https://www.townnews.co.jp/0116/2020/09/17/542587.html

ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp