第一類医薬品から第二類への移行

「第一類医薬品」については、2ヶ月ぐらい前にブログで書きました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/07/04/%e7%ac%ac%e4%b8%80%e9%a1%9e%e5%8c%bb%e8%96%ac%e5%93%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%b8%80%e7%95%aa%e5%8a%b9%e3%81%8f%e3%81%ae%ef%bc%9f/

「第一類医薬品」は一番効く薬と言う意味ではなく、医療用医薬品から一般用医薬品(いわゆる大衆薬)へとスイッチされた医薬品(『スイッチOTC』と呼びます)などで、安全性などを調査している段階の医薬品のことです。薬剤師が十分に説明して、慎重に使っていただきます。

先日8月25日、ロキソニン®の外用薬が「第一類医薬品」から「第二類医薬品」へ移行になりました。
医療用で使用されているロキソプロフェン製剤のうち、ロキソニン®Sテープを含むロキソニン®S外用薬シリーズは2016年に要指導医薬品として発売され、2019年に「第一類医薬品」へ移行しました。そして、今回は「第二類医薬品」への移行になります。

『スイッチOTC』は要指導医薬品として発売して、原則として3年間の製造販売後調査を経て、安全対策調査会で「第一類医薬品」にするかの評価をします。「第一類医薬品」になったら、更に使用経験を積んで安全対策部会でリスク区分の判断を行います。

市販後に多くの方々が使用することによって、安全性等を段階的に調査していった結果として分類が変更になります。「第一類医薬品」から「第二類医薬品」への移行ということでは、正しく使用すれば安全ということですが、やはり副作用はあります。

ロキソニン®S外用薬シリーズの主な副作用は、接触皮膚炎、掻痒症、皮膚刺激などです。また、5~6日間使用しても症状が良くならない場合は、医療機関に相談するようにしていただいたり、使い過ぎないように注意喚起が出されていますので、安易に使うのは注意が必要です。 

当店では、ロキソニン®Sテープ、ロキソニン®SテープL(大判)を取り扱っております。

経過措置期間の為に外箱には「第一類医薬品」の表記がありますが、レジ後ろの鍵のかかる棚(「第一類医薬品」専用の棚)より、レジ前の棚、他の「第二類医薬品」の外用薬(フェイタス®やバンテリンなど)の隣に陳列しております。

ご相談やご質問がある方は、是非ご連絡ください。
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

気持ち一つに頑張ろう鶴見!

地元、鶴見区内の商店街では、新型コロナウイルス感染拡大の防止に尽力する区内医療従事者を支援する目的で、募金活動を開始しました。当店でも募金箱を設置しています。

最前線で働く医療従事者へ感謝を込めて、キャッチフレーズは「気持ち一つに頑張ろう鶴見!」

医療機関や医療従事者への風評被害はもっての他ですが、感染症に対する訳のわからない認識には困ったものです…。医療従事者へ優先して新型コロナウイルスのワクチンを…と言う報道にも心配になります。

皆さまもご心配なことはいろいろあるのではないでしょうか? ご心配なことなど、お気軽にご相談ください。ご来店、ご連絡をお待ちしております

☎ 045-717-6555

✉ reiwado@ookinawa.co.jp

マスク、もうイヤ!?

8月ももうすぐ終わりですが、まだまだ暑いですね~
今日は湿度も高く、蒸し暑い一日で、熱中症に注意しなければいけませんでした。

感染症の対策でマスクが欠かせない生活になって久しいですが、こんな暑い日のマスクは危険です!
人と会話をする時、マスクがエチケットになっていますが、会話していない時はマスクを無理してかける必要はないです。

今年の2月、当店がオープンした頃に巷からマスクが消えてきました。
オープン当初から、マスクはご自分の飛沫を遠くへ飛ばさなくするため、ご自分が感染している時に他の人に感染させるのを防ぐものだとお伝えしてきました。ご自分が感染するのを防ぐためではないはずですが・・・。

マスクの生活が長く続き、いつも不安感がある方、肌荒れがひどくなっている方なども見られています。
お子様のマスクについては、不要との意見が出ています。WHOなど世界の見解は置いといてよいでしょう。日本では、日本小児科医会で「2歳未満の子供にマスクは不要、むしろ危険!」と提言しています。https://www.jpa-web.org/dcms_media/other/2saimiman_qanda20200609.pdf
スポーツ庁では、「体育の授業ではマスクは不要」としています。https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/hakusho/nc/jsa_00011.html

ということで、当店では熱中症対策の漢方薬のご相談、経口補水液などの取い扱いの他に、『冷感マスク』も準備しております。マスクの着用は必要最低限にしていただき、着用する時はできるだけ快適に!と思っております。

この『冷感マスク』、安全なのはもちろん(世界基準の安全な繊維を使用)、接触冷感+清涼感、そして、吸水速乾性がある優れものです。呼吸がしやすく、何度でも洗えて衛生的、掛けひもは柔らかくて痛くなりにくいです。
必要な方は、お早めにお買い求めいただきたいと思っております。

3層抗菌冷感マスク・2枚入り(日本製)
普通サイズ・、ジュニアサイズ(Sサイズ)・ブルーピンクの3色

ご来店、ご連絡をお待ちしております!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

地域情報紙『タウンニュース』

昨日8月20日は、医薬品の臨床研究のお仕事の為、臨時休業いたしました。
知らずにお越し戴いた方にはお詫び申しあげます。

休み明けの今朝、開店前に複数の業者より入荷があり、慌ただしくしておりました。そして、開店直前にお客様がいらっしゃり落ち着きを取り戻してお話を伺ったら、昨日の『タウンニュース』をご覧になられたとのこと。あっ、そうでした!・・・実は、忘れていました。
『タウンニュース』は、神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙、その鶴見版は毎週木曜日が発行日です。昨日(20日)発行号で当店の広告記事を掲載していただきました。

『タウンニュース』には地元のイベント、人物、お店などの紹介があり、意外と知らない地元の情報が満載、しかも無料。いろいろ勉強になります。今回の当店の記事は、先ずは自己紹介。https://www.townnews.co.jp/0116/2020/08/20/538796.html
毎月1回、連載していきます。乞うご期待!
そして、『タウンニュース』鶴見版の毎号を当店に数部置いておきますので、ご覧になりたい方はお越しください!

れいわ堂薬舗
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

おくすり屋の今昔

当店は『昔ながらの薬屋』をイメージしていることは、2ヶ月ぐらい前のブログ『そもそも、どんな店?』で書きました。 https://reiwado-ookinawa.com/2020/06/27/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%80%81%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e5%ba%97%ef%bc%9f/

今から30数年前、私が薬学部の学生時代に友人の実家~薬局や薬店の時もありました~へ遊びにいったときのことを思い出して、今の時代に『昔ながらの薬屋』をやりたいと思いました!
ただ、学生時代の友人で実家を継いだ人はほとんどいないようです。残念ですが…
学生時代の私は、昭和の薬屋が魅力的に思ったわけではありません。むしろ、古くさいと思っていました。
医師が処方した医薬品を薬局で調剤する「医薬分業」は段階的に進められましたが、私が学生の頃はまだまだ少数派でした。病院や医院でお薬を出してもらっていて「院外処方」はほとんどありません。

私の息子(今、薬学部の学生)が生まれた1997年(平成9年)頃に政府の肝いりで「医薬分業」が進められました。当時の国立病院の中から半ば強制的に「院外処方」していき、そして、全国へじわじわと「医薬分業」が進みました。
『昔ながらの薬屋』も本格的に調剤を行うところが増えましたが、一方で異業種が「ビジネスチャンス」とばかりに調剤薬局へと参入してきました。製薬会社の営業職MR(私の先輩や同期ら)の中には、担当している大学等で勤務する医師が開業する情報を得て、その医師の医院の近くで調剤薬局をやりだしたのも、この頃です。

便利なドラックストアは、生活雑貨や食品、化粧品、一般用医薬品(大衆薬)と幅広い品揃えで生活を支えてきました。そして、調剤薬局を併設するドラッグストアも増えてきました。立地も、駅前や繁華街から、住宅街や郊外へと、そして、駅ナカなどにも出店し、どんどん店舗を増やし、吸収合併で大きな企業へと発展してきました。気がついたら、『昔ながらの薬屋』はほとんどありません…。

もちろん、便利なドラックストアも、重要な調剤薬局も、地域の人たちから健康についての相談をお受けする役回りを担っています。お薬を取り巻く環境は、どんどん変わってきています。これからも変わっていくことでしょう。
「ビジネスチャンス」とかではなく、お一人お一人に寄り添って、健康を一緒に考える存在のお店はいつの時代も必要だと思っています。

お薬が必要な人には、必要な情報を提供しなくてはいけません。お薬だけでなく、日々の生活のこと、健康についてを一緒に考えていきます。当店は、『昔ながらの薬屋』のイメージで皆さまに寄り添ってまいります。

ご来店、ご連絡をお待ちしております!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

誕生日、そして、その先へ

昨日、8月12日は私の誕生日です。
多くの方々からお祝いの言葉をいただきました。家族からもささやかですが、一緒に飲みながら祝いの言葉がありました。。。
この場を借りて、改めて、御礼申しあげます。感謝、感激です!

さて、当店『れいわ堂薬舗』もオープンしてから間もなく半年になりますが、多くの方々とのご縁を大切にしております。
いわゆるコロナ禍で、先が見えない状況が続いていますが、どんな状況でも受け入れて前へ進んでいきます。
「成り行き任せ」と言うか、「流れに乗って」進んで行きつつ…。社会はコロナ禍で大きく転換していくことでしょう。
出会いを大切にしながら、お人お一人に寄り添い、『昔ながらの薬屋のイメージ』
(以前のブログ「そもそも、どんな店?」で書きました https://reiwado-ookinawa.com/2020/06/27/%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%80%81%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e5%ba%97%ef%bc%9f/ )を続けていきます。
ですが、お客様のニーズに寄り添い、そして、その先を見据えて、お店のスタイルは進化いたします。

今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

アンサング シンデレラ

あまりTVは見ないのですが、録画していたドラマ「アンサング シンデレラ ~病院薬剤師の処方箋~」をまとめて見ました。薬剤師の間では盛り上がっていますが、やっと見ました。皆さまはご覧になっていますでしょうか?
医師が主人公のドラマは多いですが、薬剤師が主人公なのは珍しいですよね。
「アンサング(unsung)」は、歌うの過去形(sung)に否定形(un)が付いています。歌われない、転じて、讃(たた)えらえない、と言うような意味で、縁の下の力持ちの意味合いです。

薬剤師にもいろいろな人がいますが、個性豊かな登場人物がそれぞれにプロフェッショナルとして働き、かなり人間くさく、ドラマとして面白く作っているなぁとは思いますが、クサイですかね~
病院薬剤師の日常業務にスポットを当てています。ドラマだけあっていろいろなことが起こりますね~。医薬品の副作用、相互作用(複数の医薬品が互いに影響を与える作用)、疑義紹介(処方箋を発行した医師に疑問を投げ掛ける)、過剰投与、コンプライアンス(服薬遵守~用法用量を守ること)、麻薬取締役官(通称マトリ)の立入検査、入退院時の服薬指導、小児用製剤の味覚、ドラッグストアの薬剤師のやりがい(?)、医師の薬剤師に対する偏見(?)、……。薬剤師のお仕事、医薬品について、少しは親近感を持っていただければ、と思いました!

先日入手した「アンサング シンデレラ」と
「治療薬マニュアル」とのコラボ無料小冊子

第3話より調剤薬局を併設しているドラッグストアも出てきます。日本では、調剤薬局はここ20年で急増しました。ドラッグストアは医薬品だけでなく化粧品、雑貨、食品などを販売するスタイルで誕生して、当初は調剤をやっていませんでした。薬局・薬店の歴史は、近いうちに書きたいと思います。
薬剤師はいろいろなところで活躍しています。ドラッグストアの薬剤師、調剤薬局の薬剤師、病院薬剤師、……、どれが上だとか、偉いとかは決してありません。
私は、一般用医薬品を販売する薬店(店舗販売)の薬剤師です。皆さまの身近で、昔の薬屋をイメージしてオープンいたしました。伝えたいことはいっぱいあります…(笑)。

ご関心がある方、ご質問がある方は、当店までご連絡をお待ちしております!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

熱中症対策

今日は、二十四節気の立秋にあたります。暦の上では、秋になるわけですが、暑いですね~
東京や横浜の一年間の最高気温は8月上旬になります。今頃が一年で一番暑い時季です。二十四節気は、古代中国で陰暦と実際の季節とのズレを補うために使われたと言いますが、中国と日本では季節感に若干ズレがありますね。中国の内陸部では7月下旬頃が一番暑く、立秋の頃よりだんだん涼しくなってくるようです。

いずれにせよ、とにかく暑い。暑い時季は、熱中症に気をつけないといけません!「熱中症警戒アラート」が発令されます。
屋内でも、熱中症になる方は少なくありません。ご自宅にいてもエアコンのスイッチを入れてなくて倒れてしまう場合があります。
特に今年は、感染症予防のためにマスクをして外出していますが、マスクの中に熱がこもって危険です。『マスク熱中症』については2ヶ月前のブログでも書きました。( https://reiwado-ookinawa.com/2020/06/06/%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87/)人と接していない時には、こまめにマスクを外すよう心がける必要があります。

試行段階の『熱中症警戒アラート』発生時の予防行動~環境省、気象庁より~

熱中症の前段階では、喉の渇きがとれない、ほてり感などが見られます。この段階で要注意です。
軽症の場合は、めまい、立ちくらみ、多量の発汗、こむら返りなど…。
中等症で頭痛、嘔吐、集中力の低下など…。
重症になると意識障害、けいれんが起こることがあり、亡くなることもあります。

お若い方、普段は健康な方でも、熱中症は関係ありません。過信は禁物です。
ご高齢の方や小さなお子様は、体温調節が上手くいかない場合がありますので、特に注意が必要です。

熱中症の対策としては、こまめに水分を補給すること、暑い時間の外出や暑い場所へ行ったり、運動することを避けること、首筋を冷やすこと、と言われています。
熱中症の大きな原因は、身体が暑くなり過ぎる、言わばオーバーヒートすること。それと、水分バランスが崩れることです。これらを防ぐために適切な対策をとる必要があります。

経口補水液も対策の一つです。そして、漢方薬の中には、熱を下げる効果があるもの、水回りをよくする効果があるものなど、適切な対策がとれるものがあります。

お一人お一人のご相談に応じております。ご来店、ご連絡をお待ちしております!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

薬の使い方

昨日のブログは、『うがい薬』について書きました。
巷の薬局・薬店からポビドンヨード配合の『うがい薬』が消えました…。困ったものです。
医療用のポビドンヨードの在庫にも影響がでる可能性があります。

決して買い占めなどはせず、落ち着いて行動していただきたいと思います。薬局・薬店でお買い求めの『うがい薬』は第3類医薬品にあたります。ご自身で購入された医薬品を他の人へ販売すると、薬機法違反で罰せられます。実は、コロナ関連で薬機法違反が増えていますので、転売行為は厳重注意です。

当店の店頭で、『うがい薬』が新型コロナウイルスの感染をどこまで防げるかはわからないこと、アレルギーの方は注意が必要なこと、頻繁に使用すると逆に感染リスクが高まる可能性もあることなどを説明しております。

当店では、『のどぬ~る』というヨウ素含有で直接のどに塗る薬や、『イソジン®きず薬』、『イソジン®軟膏』というポビドンヨード配合の外用きず薬も取り扱っています。
これらの薬について、「うがいに使ってもよいでしょうか?」という質問がありました。普段はそんなことは考えないとは思いますが、昨日のテレビに影響されたお客様の素朴な声です。
もちろん、絶対におやめください!

『坐剤』は、肛門内に挿入して使用する医薬品ですが、薬学部の学生が教わる有名な冗談で『座って飲む薬ではありません!』というのがあります。ですが、本当にそう思い込んでいる方もいらっしゃいますので、注意が必要です。
また、「食間」は食事中ではありません。食事と次の食事の間(空腹時)という意味です。

処方箋による医療用医薬品とは違い、お客様がご自身でお買い求めになる一般用医薬品(OTCとか、大衆薬とも言います)ですが、きちんと用法・用量を守って、間違った使い方をしないようにしてください。

一般用医薬品は副作用がないとか、多めに使った方が効くとか、勝手に思っている方もいらっしゃいますが、違います!

お薬を飲むタイミング、食前、食後、食間と言った違いは多くの医薬品ではデータに基づいて、ちゃんと意味があります。こだわらなくてもよいものもありますが、勝手にご判断はしないでください。

お買い求めの薬局、薬店の薬剤師、あるいは、登録販売者の方のご説明をきちんと聞いてから、ご使用ください。
ご心配な方、ご質問がある方は、いつでも、当店までご相談ください。
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

うがい薬

突然、今日の午後3時前から「うがい薬」をお買い求めの方が続きました…。
テレビで、大阪の会見ですか~
新型コロナウイルスの重症化をイソジン®️のうがい薬が抑えたとか…
私はテレビをリアルタイムに観ていなかったので詳しくはわかりませんが…

ですが、一般の方々は、重症化うんぬんよりも、新型コロナウイルス「(による重症化?)を防ぐ」⇒「感染しない」と思い込まれ、お買い求めになります。
実家の母親からご連絡があった方、ご家族や知人からのご連絡を受けてご来店される方が続きました…。
医薬品の効能効果は厚生労働省が認可したものです。認可されていない事項を伝えることは薬機法に抵触する行為です。しかも、エビデンス (証拠、科学根拠/ https://reiwado-ookinawa.com/2020/07/16/%e3%82%a8%e3%83%93%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%ab%ef%bc%81%ef%bc%9f/ )が確証されていないことを行政が伝えるのは、普通ではあり得ません。公共の電波で流すことで、多くの方々が商品をお買い求めになることは想定できるはずです!
転売目的の連中が高い値で販売したら、秩序が乱れ、本当に必要な人たちへ商品が行き渡らなくなります。ちなみに、医薬品を許可なく販売すると薬機法違反です。

もちろん、イソジン®️の主成分ポビドンヨードは古くから使われている良い消毒薬です。当店では、「明治うがい薬」、「明治のどフレッシュ」等を取り扱っています。

ポビドンヨードには、さまざまな細菌に対する殺菌効果が報告されています。ヨウ素製剤の中でも安全性が高いものです。ただ、ヨウ素に対するアレルギーをがある方には注意が必要です。試験管レベルでは、各種のウイルスにも効果があることが報告されています。
消毒用エタノールでも同じですが、殺菌、消毒効果があるということは、一般の健康な方々が頻繁にお使いになると常在菌を死滅させてしまいます。常在菌=善玉菌は身体を守っています。善玉菌がいなくなると、外からの敵(新たな細菌)を防ぐことができなくなることを忘れてはいけません

日々、テレビを観て陰鬱になる方は多いと思います。不眠の訴えや身体の調子がよくない方は少なくありません。梅雨が明けて暑い夏になりました。マスクをしているので、例年よりも熱中症のリスクには気をつけないといけません。
うがい薬よりも必要なものがあります!

ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp