鶴見事故

57年前の今日、11月9日は大惨事の鉄道事故「鶴見事故」が起こりました。
(事故から50年目の神奈川新聞の記事より、https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-119887.html )
事故を覚えている方もだんだん少なくなってきました。
私を産んだ実の母は、私が1歳の時に事故に巻き込まれました。享年29歳でした。

私は、23歳の時に初めて事実を知りました。
家族から離れて暮らしていた私は、薬剤師の国家試験の出願に際して戸籍謄本を父が送ってくれた時に。
なかなか受け入れ難い事実でした。

母は同窓会に出席した帰り。1歳の私を連れて行く予定でした。
ちょっと風邪気味だった私。連れていくことを父が断固許さなかったようです…
父は2年前に亡くなりましたが、ほとんど事故の話しはしませんでした。
悲しい過去よりも、未来へ向かえと言うことだったと思います。

私自身、初めて事実を知ってから最近までは、ごく親しい人にしか話したことはありませんでした。
でも、こんな事故があったことを忘れてもらいたくないと思うようになりました。
当店の場所、鶴見区に出店することを決めたのは偶然にもちょうど一年前の11月9日でした。
「鶴見事故」で無念にも若くして命を落とした母は、私を見守り続けて、この鶴見のご縁を導いたものと感じております。

今朝、当店の営業前に總持寺境内の「鶴見事故」慰霊碑に行ってまいりました。JRの方々が慰霊式をしていただき、私も献花と焼香をいたしました。


過去の事故は悲しい出来事ですが、私自身は生かされた命に感謝して、多くのご縁を大切にしてまいります。
出会いに感謝申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中