風邪は万病のもと!

今日は、ファスティング(酵素断食)の3日目です。
久しぶりのブログ更新になりますが、その間に決算報告など諸々やることがあり、なんとか終わらせました。この3日間はファスティングを行いながら、より集中して仕事をこなすことができました。

さて、秋も深まってまいりました。
今の時季は朝晩の寒暖差に加え、日々の寒暖差も大きくなります。体調を崩して風邪をひく方が多くなります。
今回のテーマは『風邪は万病のもと!』です。

『万病のもと』シリーズは、9月に『寝不足』、『食べ過ぎ』をとりあげました。
https://reiwado-ookinawa.com/2020/09/04/%e5%af%9d%e4%b8%8d%e8%b6%b3%e3%81%af%e4%b8%87%e7%97%85%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8%ef%bc%81/

https://reiwado-ookinawa.com/2020/09/15/%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e3%81%af%e4%b8%87%e7%97%85%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%a8%ef%bc%81/

風邪は、空気の流れである『風』によって悪い気『邪気』を身体に引き込むので、『風邪を引く』と表現すると言われています。
多くは、空気中に漂うウイルスなどによって、鼻水やのどの痛み、咳、そして、頭痛や発熱などの症状を引き起こします。
今年、問題になった新型コロナウイルスですが、従来のコロナウイルスは風邪を引き起こす代表的なウイルスです。
このウイルスなどによって、いろいろな症状が起きるので、いわゆる『かぜ症候群』と呼ばれていて、一つの病気ではありません。
風邪にかかって早く治さないと、免疫力が低下している状態で更に毒性が強い細菌などに感染しやすくなります。

『医心方』という平安時代に書かれた医学書には『風者百病之長也』の一文があります。現代風に言うと『風邪は百病の長』となりますが、
『かぜは万病のもと』と同じ意味です。
風邪は初期のうちに治さないと、なかなか治らず、風邪をこじらすと気管支炎や肺炎になったり、いろいろな症状を引き起こすことがあります。
更には、危険な状態になることも古くから知られています。

漢方では、病気にかかった場合の推移を太陽病、少陽病、陽明病、太陰病、少陰病、厥陰病といった『三陰三陽』の六段階で区別しています。
風邪の初期症状、太陽病の治療としては葛根湯が有名ですが、風邪の初期にはすべて葛根湯がいいわけではありません。
寒気がして、熱が出始めるのが太陽病の状態です。「風邪かな?」って思ったら、身体を温めて早く寝ることを心がける必要があります。
漢方薬の力を借りて自然治癒力を高めることも効果的です。
どんな漢方薬がよいかは、その時の症状や体質などによって異なりますので、ご相談ください。

もちろん、風邪にかからないようにすることが大事です。規則正しい食事や睡眠、適度な運動を心がけ、ストレスをできるだけ避けて、
免疫力を落とさないようにすることが予防になります。
それでも、風邪にかかったら、とにかく早く治すようにしましょう!
風邪については、また書きたいと思います。

当店では、お一人お一人の症状や体質などに応じて漢方薬を中心にご提案しております。
ご関心がある方、ご質問がある方は、是非ご連絡ください!
☎ 045-717-6555
✉ reiwado@ookinawa.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中