漢方薬の誤解(その1)

当店に来られるお客様や一般の方々にとって、漢方薬のイメージはマチマチです。
ただ、誤解が多いように思われます。今日はその第一弾!

漢方薬のイメージで一番多いのが、「効果が悪い」、「効くのに時間がかかる」、「(効果が)弱い薬」、あるいは、「私には漢方薬は効かない」と思っている方もいらっしゃいます。
以前、漢方薬をご本人やご家族がお使いになられて、効かなかった印象をお持ちのようです。
病院やクリニックでの処方やドラックストアで漢方薬を使ってみての印象のようですが・・・。

そもそも、西洋医学でいう病名にとらわれると、漢方薬は効果を発揮できません。漢方では、その病気の人の体質と全身の状態を総括的に整理した「証」を用います。長い歴史に裏付けられた治療方針に沿って、ピタっとあえば、とにかく効きます。

漢方薬は、風邪などによる症状のように急性の病気の場合には、すぐに効果があらわれます。
長いこと患っている病気などで症状が出てから時間がかなり経っている場合は徐々に効果があれわれ、何日か経って効果がはっきりする場合もあります。

病院やクリニックで漢方薬が処方されたとしても、短い診察時間で表面上の病名で処方する場合があります。ドラックストアでパッケージだけですぐに漢方薬をお買いになる場合もあるでしょう。その場合、漢方薬をお使いになっても「効果がなかった」ということがよくあります。

一方、当店で漢方薬をお出しする際はじっくりお話しをお聞きいたしますので、この症状にはこれ!と簡単にはいかないことがあります。味見していただく場合もありますし、比較的にお時間がかかります。
漢方薬は病名、症状だけでは選べません。お一人お一人に寄り添い、また季節によって、その時その時の生活によって全身状態がどう変化していくかをご一緒に観ていき、漢方薬をお出しいたします。

ご関心がある方は、是非ご予約をお願いいたします!
☎ 045-717-6555
✉ mailto: reiwado@ookinawa.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中