鶴見川

雨の日が続いてますが、九州をはじめ各地で洪水に見舞われています。
被害にあわれました方々に心よりお見舞い申し上げます。


お店は横浜市鶴見区豊岡町、同じ鶴見区内の尻手に自宅がありますが、鶴見川を歩いて渡って通勤しています。この鶴見川は、昔から暴れ川で有名で幾度も洪水に見舞われました。

私は幼少の頃、横浜市緑区(当時は港北区)の北八朔町に住んでいました。
1966(昭和41)年6月、梅雨時の台風による大雨で鶴見川流域が大規模な洪水に見舞われまれました。父が仕事で不在、母と祖父母とで避難しました。自分の身長以上の浸水になり、幼心に怖かったことを憶えています。

鶴見川流域は工業地帯、商業地、住宅地としてどんどん発展し、洪水の被害を繰り返さない為に堤防を整備して、遊水池を設けてきました。日産スタジアムがある新横浜公園は、多目的遊水地になっています。

『・・・洪水時にはスタジアムの下に水を流しこむ仕組みになっています。新横浜公園自体が、洪水から街を守るための安全・安心の装置なのです。(日産スタジアムのホームページより)』

昨年10月の台風による豪雨の際は、鶴見川の大量の水が新横浜公園の遊水池に流れ込み、鶴見川の決壊を防ぐことができました。治水対策は非常に重要ですが、数十年に一回の規模と言われる災害が頻回に起こる昨今では、もしもの時の避難を想定しておきたいと思います。

ハザードマップを見て、避難場所への経路を今一度確認しておきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中