七夕の夜、だから『五行説』

今日は七夕です。もともと旧暦の7月7日だったのですが、新暦だと梅雨の時季です。
今宵、雨は降っていませんが、星空を見ることはできませんね・・・・。

所説あるのかもしれませんが、日本の七夕の起源ともいわれている行事が中国にあり、五色の糸に願い事を書いた葉を吊るしたのが、「五色の短冊」の謂れのようです。
ご存知、七夕の歌の2番に「五色の短冊~ 私が書いた~」という歌詞があります。
この五色とは、古来中国に伝わる『五行説』の五つの色「青」、「赤」、「黄」、「白」、「黒」と言われています。

願い事は、五つの教えと言われる「五徳」に関係していて、
青色は「礼」で、自身の徳を積むという意味。自分を成長させたい願い事をする時の色です。
赤色は「仁」で、感謝の意味。身近な人への感謝の気持ちを表す時。
黄色は「信」で、信頼の意味。信頼に関係する願い事の時。
白色は「義」で、決まり事を守る、決断や決意という意味。自分自身の決意表明の時。
黒色は(紫色の場合もあります)「智」で、学業向上の意味。成績アップや入学祈願をする時。

この『五行説』は、世の中のもの全ては五つの要素に分けられるという古代中国の思想(哲学)からきています。
例えば、「五臓」というと「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」のことを指します。

「木」は木が成長して、上へ上がっていくイメージです。五臓だと「肝」、五色だと「青」、五味だと「酸」、五季だと「春」、・・・
「火」は火が燃え、熱が広がるイメージです。五臓だと「心」、五色だと「赤」、五味だと「苦」、五季だと「夏」、・・・
「土」は大地のように下で支えるイメージです。五臓だと「脾」、五色だと「黄」、五味だと「甘」、五季だと「土用」、・・・
「金」は金属が熱で分かれていくイメージです。五臓だと「肺」、五色だと「白」、五味だと「辛」、五季だと「秋」、・・・
「水」は水が流れる生命の源のイメージです。五臓だと「腎」、五色だと「黒」、五味だと「鹹(しおからい)」、五季だと「冬」、・・・

漢方(中国医学)は、この『五行説』と深い関係があります。
『五行説』で疾病をとらえることができ、漢方薬の原料である生薬の特性を『五行説』で説明することができます。
詳しくお知りになりたい方は、個別でご説明いたしますのでご連絡ください…(笑)。

漢方薬の世界は奥が深いので、また書きます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中