第一類医薬品って一番効くの?

当店では第一類医薬品を販売しております。
ドラックストアでも時間によっては「ただ今、第一類医薬品は販売できません。」というプレートが掛かっている場合があります。薬剤師がいない時間は販売できないからです。

当店では、いわゆる「大衆薬」を販売しておりますが、法律上は一般用医薬品、要指導医薬品に分類され、一般用医薬品はさらに「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」に分類されていて、副作用などのリスクが高いものが第一類に分類されます。
医薬品は発売されてから一定期間は安全性などを調査する必要があり、この調査期間が経過していないものが第一類に分類されます。

当店で販売している第一類医薬品はいくつもありますが、その中から代表的なものをあげます。
解熱鎮痛剤のロキソニンシリーズ、『ロキソニンS』、『ロキソニンSプラス』、『ロキソニンSプレミアム』。そして外用のテープなどを販売しています。テレビCMでも宣伝しているので、一番効果があると思っている方もいますが、安易に使うのは厳禁です。胃腸障害などの副作用が起きる心配もあります。
他には、胃酸を止める作用のある『ガスター10』の錠剤と散剤、口唇ヘルペス再発治療薬の『アラセナSクリーム』、『アクチビア軟膏』など、更に、膣カンジダ再発治療薬、壮年性脱毛症治療薬、排卵日予測検査薬、…などを販売しています。
いずれも、カウンターの奥、鍵がかかる棚よりガラス扉を開けて商品をお出しいたします。

これら第一類医薬品をお買い求めの方には、書面などでの情報提供、使用に際しての注意事項を説明し、お名前と住所などもお聞きしております。
要は、第一類医薬品は一番効く薬ではなく、安全性などを調査している段階のお薬のために十分説明させていただきながら、慎重に使っていただくお薬になります。

ご理解くださいますようお願いいたします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中